夕ぐれ食堂競馬みち

競馬ライフを充実させよう。競馬小説「夕ぐれ食堂競馬みち」、独自理論のマトリックス馬券術、オススメ競馬本の紹介など。

【マトリックス馬券術】4/3中山10R葛飾特別

 

前回のマトリックス馬券厳選一鞍は、3/20中山10R韓国馬事会杯でした。

 

マトリックス表はこんな感じで、赤字にしたのが1~3着馬です。 

  B1 B2 B3
 A1 ⑥⑧
 A2   ②③
 A3 ⑬⑮ ⑭⑯

1着⑪マサハヤニース(6人気)

2着⑥ファイアランス(2人気) 

3着⑧デルマオニキス(5人気)

 

【買い目】

3連複フォーメーション ④-⑥⑧⑩-①②③⑥⑦⑧⑩⑪⑫ 21点

 

【結果】

3連複 ⑥⑧⑪ 9,620円

 

④キャンディスイートが全く馬券に絡んでいないのでどうしようもないですが、しっかり1~3着馬は馬券対象にしてるので、まだ工夫が足りません。

 

 

 

さて明日のマトリックス馬券厳選一鞍ですが、3勝クラスのダート戦がありませんので、2勝クラスではありますがは中山10R葛飾特別です。

 

まずは単純集計マトリックス。

難しい解説は省きますが、Aがコース・距離適性を見て、Bがクラス着差を見ています。

  B1 B2 B3
 A1  
 A2 ⑦⑭
 A3 ⑪⑮ ①②⑤⑨ ③④⑧⑩

 

中山ダ1200M加点要素

 

ラップ加点:ー

同条件好走加点:①⑥⑨⑪⑮⑯(中山ダ1200 2勝クラスでの僅差)

注意:⑯は底見せず

 

加点反映します。

  B1 B2 B3
 A1 ⑥⑯  
 A2 ⑪⑮ ⑦⑭
 A3 ①⑨ ①②⑤ ③④⑧⑩

 
◎は⑥ノーベルプライズ
。 

中山ダ1200Mは(1.2.1.2)で好成績。

1番人気になりそうな⑯ラフィンクロンヌとの比較では、前走斤量5キロ差あったのが今回は2キロ差です。

ラフィンクロンヌが大外に入ったものこの馬には好材料かと思います。

大外から強引に行った場合の前崩れを想定してこの馬を本命にします。

 

〇はその⑯ラフィンクロンヌ。

ダートは(1.4.0.1)と底を見せていません。

昇級戦の前走も強敵相手に0.1秒差の2着です。

ただ今回は大外枠、斤量増と克服すべき材料が出てきている点を踏まえて対抗にします。

 

▲は⑮オルクリスト。

2走前~4走前の3戦は今回と同舞台でどれも僅差の敗退。

今回はハンデ戦で斤量が57キロ→54キロと▲3キロの恩恵があります。

外枠に入りましたし、この馬の追い込みがハマる可能性は十分あると思い単穴に指名します。

 

△一番手は⑪インウィクトス。

これは馬券的に▲との扱いを悩んだ馬です。

斤量と枠順を踏まえて、こちらを4番手に落としました。

 

あとは色のついたところのボックスにいる馬たちを買います。

 
【買い目】

3連複フォーメーション ⑥⑮⑯-⑥⑮⑯-①⑥⑦⑨⑪⑬⑭⑮⑯ 19点

 

 ↓↓応援していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ

f:id:koginchan:20210402223220j:plain