夕ぐれ食堂競馬みち

競馬ライフを充実させよう。競馬小説「夕ぐれ食堂競馬みち」、独自理論のマトリックス馬券術、オススメ競馬本の紹介など。

【マトリックス馬券術】4/17中山10R下総ステークス

 

前回のマトリックス馬券厳選一鞍は、4/3中山10R葛飾特別でした。

 

マトリックス表はこんな感じで、赤字にしたのが1~3着馬です。 

  B1 B2 B3
 A1 ⑥⑯  
 A2 ⑪⑮
 A3 ①⑨ ①②⑤ ③④⑧⑩

1着⑭トウカイエトワール(2人気)

2着⑯ラフィンクロンヌ(3人気) 

3着⑥ノーベルプライズ(4人気)

 

【買い目】

3連複フォーメーション ⑥⑮⑯-⑥⑮⑯-①⑥⑦⑨⑪⑬⑭⑮⑯ 19点

 

【結果】的中!

3連複 ⑥⑭⑯ 1,900円

 

的中したものの元返しでしたね。

マトリックス上の左上の2頭がともに馬券に絡んだということでもう少し買い方を工夫できれば儲けが出たかもしれませんね。

 

まだまだ精進です。

 

さて本日のマトリックス馬券厳選一鞍ですが3勝クラスのレースがあります。

中山10R下総ステークスです。

 

まずは単純集計マトリックス。

難しい解説は省きますが、Aがコース・距離適性を見て、Bがクラス着差を見ています。

  B1 B2 B3
 A1     ②⑦⑧
 A2   ⑩⑫
 A3 ④⑤ ①③⑥⑨⑬⑭⑮

 

中山ダ1800M加点要素

 

ラップ加点:⑤⑦

同条件好走加点:⑤⑪(中山ダ1800 3勝クラスでの僅差)

注意:①は初ダート、⑯前走ブリンカーで一変

 

加点反映します。

  B1 B2 B3
 A1   ⑦⑯ ②⑧
 A2   ⑩⑫
 A3 ①⑤ ③⑥⑨⑬⑭⑮

 

A1×B1の馬がゼロで混戦模様ですね。


◎は⑦トランスナショナル
。 

中山ダ1800Mは(2.1.0.2)で好成績。

雨で時計が速くなった場合は不利かもしれませんが4走前の2勝クラス中山1800Mダでの時計や上りが優秀です。

うまくかみ合えば勝ち切る力を秘めています。

 

〇は⑯ダンツキャッスル。

中山は初ですが、1800ダートは(2.2.0.2)で好成績。

昇級後大敗が続いていましたが前走ブリンカーを着用効果もあってか2着に好走。

斤量が54キロ→57キロの克服は必要ですが前走の時計は優秀でここでも十分通用すると見ました。

 

▲は穴馬になりますが⑪ツブラナヒトミ。

中山実績はありませんが、3走前の時計が優秀です。

着順の割に時計的には差のない競馬ができてますので楽しみな一頭です。

 

 

今回は混戦ですから、この3頭を軸とした3連複で勝負ですね。

 
【買い目】

3連複フォーメーション ⑦⑪⑯-⑦⑪⑯-①②⑤⑦⑧⑪⑯ 13点

 

 ↓↓応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ

f:id:koginchan:20210402223220j:plain